読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【古我信長ランチ2】日本食 みゆき

古我信長のランチ diary 早稲田

こんにちは、古我信長です。

本日は『日本食 みゆき』を紹介したいと思います。

 

『日本食 みゆき』は椿山荘ホテルの2階に店舗を構えています。

ホテル椿山荘東京目白通り新目白通りの間にあり、緑に囲まれた自然の多い落ち着いたエリアにあります。

椿山荘ホテルへのアクセスは、JR山手線 目白駅または東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅東京メトロ副都心線都電荒川線 雑司ヶ谷駅が便利です。

また目白駅前から椿山荘行きの都バスも運航しています。

(詳しくは公式HPをご覧ください)

[ランチ]
営業時間 11:30~14:30
ラストオーダー 14:30

メニュー
【海の幸ばらちらし御膳】 3,800円
【にぎり寿司御膳】 5,500円
【海の幸・国産牛ステーキのおたのしみ重】 5,500円

(全てのメニューにプラス800円で「蟹の甲羅焼き」が追加できます。)

※料金はすべて消費税込みのお値段ですが、別途サービス料が必要です。

他にも寿司カウンターも併設されており、お好きなネタを好きなだけ頂けますよ。

ランチメニューは会席スタイルで、それぞれに洗練されたシェフ渾身の和の味が頂けます。

 

●海の幸ばらちらし御膳
 海の幸ばらちらし、茶椀蒸し、本日の吸物、香の物、甘味

●にぎり寿司御膳
 先付三種、にぎり寿司[中トロ、鯛、ぼたん海老、いくら雲丹乗せ小鉢盛り、蟹、いか、帆立、玉子焼き、鉄火巻き] 、本日の吸物、甘味

●海の幸・国産牛ステーキのおたのしみ重
 [先付三種、海老、帆立、いかと国産牛のおたのしみ重]、茶碗蒸し、味噌汁、香の物、甘味

どれにしようか迷ってしまうくらい盛りだくさんな内容になっています。
旬の食材を生かしたお料理は、見ているだけでも楽しいこと間違いなし。

また、公式HPでは他のプランや季節ものについても詳しくご紹介しているのでご覧ください。

 

日本庭園を眺めながら頂くランチは、素材そのものの味を大事に季節ごとの旬を味わうことが出来ます。また、一人、一人への真心こもったおもてなしは都会の雑踏から離れたくつろぎの空間を演出してくれます。
そして、日本料理からは、日本の”風雅”や”伝統”が感じられます。

店内には寿司コーナー8席、鉄板焼コーナー6席、個室も5室のご用意があるので、シーンに合わせて選ぶことが出来ます。

食べるのが勿体なく感じてしまう程の芸術作品のような日本料理は、見る者を圧倒します。
海外の方にもお勧めのランチスポットであると言えます。四季折々の美しさ、日本の"古き"と"新しき"が融合したお店だと思います。

 

ここで口コミをご紹介します。

*********************

事前に席位を予約リクエストしたところ配慮してくれたこと、迅速かつ丁寧な接客と次々に運ばれてくる料理の説明をちゃんとしてくれたこと、また料理の提供スピード、タイミングにもこの店の優良なサービスを感じられた。

運ばれてきた料理一品一品の質と鮮やかな盛り付けは言うまでもなく、季節感を存分に堪能出来る内容であった。
文字のみで各料理の香りまでお伝え出来ないのが本当に残念だ。

(男性/30代/会社員)

大切なお客様との会食での利用でした。
窓際で眺めの良い席に案内して頂き、サービスも気持ち良く受けられたので、お客様に大変喜んで頂き嬉しかったです。
お料理は器の隅々まで季節が感じられる繊細な盛り付けが施されており、目でも楽しむことができました。
お料理の味も良く、満腹で最後まで入るかなと思いましたが、結果デザートもすべて食べきりました。
案内してくださったホテルの方の対応も親切で、さすがだな、と言う気持ちになりました。

(男性/40代/会社員)

*********************

ホテルランチというと洋食やイタリアン、フランス料理などを思い浮かべてしまいがちですが、たまには高級な日本食もいいですね。
日本に生まれてよかったと思える四季折々美しい空間で極上のランチを頂いてみてはいかがですか?